オオカミ族の少年
2015-03-18 Wed 05:51





今日の写真は、
酒井駒子さんが表紙絵を描かれている、
ミシェル・ベイヴァーさん作の『オオカミ族の少年』の主人公トラクをイメージして撮りました。


紀元前4000年の森…。巨大なクマの姿の悪霊に父を殺された少年トラクは、
父との誓いを果たすため、〈精霊の山〉をさがす旅に出る。
道連れは、子オオカミのウルフだけ。太古の闇の時代を少年とオオカミが駆け抜ける。
(出版社からの内容紹介による)



0・2015318 (1)








0・2015318 (2)








0・2015318 (4)



続きは、たたみます。








0・2015318 (5)








0・2015318 (6)








0・2015318 (7)








0・2015318 (8)








『オオカミ族の少年』は、酒井駒子さんの表紙絵が大好きで読んでみた本です。

2.6のGian君を見ている内に、主人公のトラクのイメージにピッタリな気がしました。
 (こちら) 

0・2015318 (9)








0・2015318 (10)








0・2015318 (11)








0・2015318 (12)








0・2015318 (13)








0・2015318 (14)








0・2015318 (15)








0・2015318 (16)








0・2015318 (17)








アイを、薄いカーキに換えてみた。

0・2015318 (18)








0・2015318 (19)








0・2015318 (20)








0・2015318 (21)








0・2015318 (22)








0・2015318 (23)








0・2015318 (24)








0・2015318 (25)








0・2015318 (26)








0・2015318 (27)








薄いブルー

0・2015318 (28)








0・2015318 (29)








0・2015318 (30)








0・2015318 (31)








0・2015318 (32)








0・2015318 (33)








0・2015318 (34)








もうちょっと透明感の強い、薄いブルーを入れてみたい。

0・2015318 (35)







赤みのある茶色。

0・2015318 (36)



2.6の薄いメイクのGian君、とってもいいお顔をしていると思います。
服や飾りで着飾らなくても、もう顔だけでいい・・・という感じ(笑)。
このGian君は、髪もボサボサと無造作な感じにするのが好きです。

『オオカミ族の少年』は、表紙絵に惹かれて読み始めた本ですが、
ちょっとコワいような描写もありましたが、
最初からグイグイ引き込まれて、読んだ本でした。
何作もある本で、二作目も図書館で借りて読みかけましたが、
一作目が面白すぎて、二作目は途中で挫折してしまいました(^^;)。


(出演者:iMda Doll 2.6 Gian Creamwhiteskin 夜露ちゃん扮するトラク)





いつも拍手ありがとうございます!
とっても嬉しいです♪♪♪


スポンサーサイト
別窓 | ★iMda 2.6 Gian        (ホワイトスキン・夜露ちゃん) | コメント:0 | ∧top | under∨
<<Sleepy Gian | 迷子の森~おさびし山~ | ムスカリを探して>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| 迷子の森~おさびし山~ |