素朴な着物
2016-10-22 Sat 18:03





爽やかな秋晴れの日、
つゆくさの里に向かう娘一人・・・。

0・20161022 (1)








0・20161022 (2)








0・20161022 (3)



続きは、たたみます。








あずき牧場の小豆ちゃん。

0・20161022 (4)








0・20161022 (5)








0・20161022 (6)








0・20161022 (7)








0・20161022 (8)








0・20161022 (9)






Tiny Fairy Mayの芽衣ちゃんに着物作ってました。

ユヅキの袴の上に着せる着物が、
ジェニーのボーイフレンドの150%でまあ丁度良かったので、
メイちゃんの着物も、ジェニーの着物を150%に拡大してみました。

途中ではおらせてみたら、そのままいけそうだったので、
特に仮縫いもせずに、後裾の裏をつければ完成というところまできました。

いつもはしつけせずに裏をつけるのですが、
40㎝の子の裏は、どの位チラ見せしていいか確かめるために、しつけしました。

そして着せてみたら・・・・・あれ、パッツン!パッツン!
着物を作る時は、いつも衿ぐりに一番苦労するのですが、
今回は衿ぐりは150%そのままで、直さなくても大丈夫だったので、
身幅の事はあまり気にしていなかったのです。

・・・そっか!球体っ子は肉付きがいいんだ!
30㎝の子の着物を作った時も、腰回りに合わせると裾幅が広くなって困りました。

背合わせの縫い代から、ギリギリ幅を広げてみようと思い、
上の方を直すと、前身頃との縫い目もほどかねばならないので、
裾の方をギリギリまで広げて、上はそのままでつなぎました。

それでも、まだパッツンパッツンなので、仕方なく脇も出しました。
脇も下だけ広げ、上とつないだので、着せてみたら裾幅が広すぎる(--;)。
こりゃ、だめだぁ、むしろ上を広げて、裾はそのままにするべきだった。

そして、又やり直し。
この着物は裾ははしょって、3つの里の大切な友だちの
素朴な野良着や早乙女みたいな感じに着せたいので、
あまり裾幅気にしなくてもよかったのですが、
型紙も直したかったし、やり直そうと思いました。

ちょっと丈短く着せすぎたかな(^^;)。
でも、着物短めに着せるのが好きなのです。
特に小豆ちゃんの場合、仕事着なので。

とっても地味~~~な着物なので、髪飾り位つけたかったのですが、
この後、かんざしネタをやりたいので、つけずにおきました(笑)。 

やっぱり地味な着物は、落ち着く~~~。
一枚目は、藍色の着物を作りたかったのですが、
生地を広げて、型紙を置いてみたら・・・
ひぇ~~~、生地が足りない(・・;)。
40㎝ドールは、50センチでは着物には足りないのです(・;)。
帯で隠れる部分で接ごうとも思いましたが、
まだ型紙が決定していない段階で、あまりややこしい事はしたくなかったので、
沢山ある生地で作りました。

0・20161022 (13)




0・20161022 (10)





0・20161022 (11)





0・20161022 (12)



どアップの写真が何枚かありますが、
撮ろうと思って、撮ったのではないのです。
どっか触っちゃうのか、時々勝手にどアップの写真が撮れちゃうんです(笑)。
どこを触っちゃったのか分らないし、毎回とれる訳でもないので、
そのまんまにしているのですが・・・。


(出演者:Tiny Fairy May 芽衣ちゃん扮する 小豆ちゃん)


この記事の下に、牧場物語 つながる新天地の記事がアップしてあります。
ご興味のある方は、どうぞ♪♪♪



スポンサーサイト
別窓 | Tiny Fairy May | ∧top | under∨
| 迷子の森~おさびし山~ |